マクロファージの分類方法、免疫性疾患等の検定方法及び免疫性疾患治療剤のスクリーニング方法

Method for sorting macrophage, assay for immunological disease and screening method of remedy for immunological disease

Abstract

(57)【要約】 【課題】ヒトの免疫状態の検定、特に免疫性疾患や癌の 診断、改善、予防を目的とした免疫状態の検定を行うた めの優れた方法の開発が期待される。 【解決手段】マクロファージ細胞内の酸化型及び/又は 還元型グルタチオン量を直接的又は間接的に測定し、酸 化型及び/又は還元型のグルタチオンの量を検定するこ とにより、マクロファージをそれぞれ異なった機能を有 する酸化型マクロファージと還元型マクロファージとに 分類することにより、上記課題を解決する。各種薬剤を 投与した動物から分離・採取した体液又は細胞試料中に 存在する酸化型グルタチオン及び/又は還元型グルタチ オンを測定することにより、免疫性疾患の治療、改善、 予防等の薬剤スクリーニング又はモニター方法も提供す る。
PROBLEM TO BE SOLVED: To develop an excellent immunoassay method for assaying the immunological state of human, especially for diagnosing, improving or preventing immunological disease or cancer. SOLUTION: Macrophage is sorted into oxidative and reductive macrophages having different function by measuring the quantity of oxidative and/or reductive glutathione in a macrophage cell directly or indirectly and assaying the quantity of oxidative and/or reductive glutathione in order to solve the aforementioned problems. A screening or monitoring method of remedy for treating, improving or preventing immunological disease can also be provided by measuring the oxidative and/or reductive glutathione existing in a humor or a cell sample separated/sampled from an animal subjected to dosage of various remedies. COPYRIGHT: (C)1999,JPO

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (3)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    JP-2005531785-AOctober 20, 2005ヘルヴィグ、ラルフ循環マクロファージの決定および/または分類方法ならびにその方法を実施するための分析装置
    JP-2011510304-AMarch 31, 2011プレジデント アンド フェローズ オブ ハーバード カレッジ体液中における疾患または状態のシグネチャーを検出する方法
    JP-2013208259-AOctober 10, 2013Keio Gijuku, 学校法人慶應義塾Measuring device for reduced glutathione using diamond microelectrode